バイアグラはED治療薬のパイオニアとして1990年代に開発、発売されました。
ファイザー製薬によって多くの治験が繰り返されて効果と安全性が確認され、発売に至ったものです。
原理としては血流をペニスに集中させることによって長時間の勃起を可能にして性行為時の勃起不全、中折れを防止するというものです。
薬の効果は服用後1時間後が最大限で、時間経過とともに効果は弱まり、4時間目には効果は半減します。

アメリカで1998年に発売、日本でもスピード認可されて1999年に発売されました。
ED対策の薬剤としては爆発的な期待をされ、ファイザー製薬としても日本での認可のためにかなり迅速に厚生労働省への米国での治験例報告等の手続きを進めたためにこれほど短期間に日本でも認可されたのです。

25mg錠、50mg錠の2種類がありますが、心臓への負担が懸念される人には25mg錠をまず投与します。
服用方法としては空腹時、性行為の1時間前に服用します。
油分の多い食事の後は、油分がバイアグラの吸収を妨げるのでその効果を弱めます。

当時、バイアグラがED治療の唯一の特効薬なので保険適用を望んだ声も多かったのですが、厚生労働省は保険適用から除外し、自由診療で全額実費となりました。
セックスは生活の質に過ぎず生死に関わる問題とみなされなかったからです。

バイアグラは神経系、組織、血管系の障害によって起きている器質的なEDに効くばかりでなく心因性のEDにも効きます。
EDの多くが勃起がうまくいかないのではないかという恐怖感から起こるので、バイアグラで勃起を持続させる事が心因性EDに対しても自信回復効果を発揮します。

現在、バイアグラは開発から年数が徒過したためそのジェネリックが開発され、バイアグラは1錠1500円から、ジェネリックで1000円程度まで値下がりしていて一般の内科、心療内科等で処方しています。
発売当初から夢の薬ということで人気を博したので偽物も多く出回り、個人輸入代行業者でもあまり実績がない会社が破格値で販売している場合には大抵が偽物です。

バイアグラの副作用と併用禁忌

バイアグラは陰茎ばかりでなく下半身に血流を集める薬剤です。
そのため併用禁忌薬も存在します。血流に作用する硝酸塩系の心臓病薬が併用禁忌です。
ニトログリセリンが有名ですが化学的に硝酸塩系構造を持つものは併用禁忌で、抗不整脈薬にも併用禁忌のものがあります。
高血圧の薬は一般的には大丈夫とされていますが慢性血栓性肺高血圧症治療薬の一種は全身血圧に影響を与える事があるので併用禁忌です。
併用禁忌は多い薬なので持病があり常用薬がある場合には医師に相談が必要です。

副作用としては死亡例もありますが、元々心臓血管系に障害があり性行為そのものが不適切とされている患者さんには勧められません。
また、重度の肝機能障害を有しているとバイアグラが肝臓内で分解し難くなるので危険です。
血圧変化を起こす可能性が高いの薬なので重度の高血圧、低血圧患者さんにも使用できず、脳血栓後の患者さんにも使用できない事が多く、進行性の夜盲症だと失明の危険があり、これらの既往歴がある場合には最悪で死亡という副作用もありますので医師に相談すべきです。

副作用はかゆみ、湿疹ですが青色の着色料を使用しているために瞼の裏に痒みを訴える場合は因果関係が疑われます。
元々血管拡張をさせる薬なので顔面紅潮やほてりを訴える事もあり、頭痛を引き起こす例も報告されています。
心筋梗塞が疑われる患者さんの場合、その危険性を示すCPK値が増加する事があります。

その他に使用中止や減薬を検討しなければならないのは

  • 動悸、胸痛
  • 頻脈
  • 傾眠
  • めまい、昏迷
  • 肝機能障害による肝機能指標値異常
  • 口の渇き
  • 消化不良、胃腸障害
  • 悪心
  • 腹痛
  • あくび
  • 嘔吐
  • 嚥下障害
  • 下痢便秘等の消化器症状
  • 陰茎痛、半勃起状態延長等陰茎の異常
  • 鼻炎
  • 筋肉痛、関節痛等

いずれにせよバイアグラ服用によって何らかの異常を認めた際には医師に指示を仰ぐ事が必要です。